フェイスドア 栃木県庁寄贈

野添通信社開発のサーマルカメラ連動ゲートが発売開始しました!
リリースに伴い栃木県庁の感染症対策課へ寄贈。
県民の皆様の安心と安全を何より優先しより更に良い環境づくりを目指します。

野添通信では、低コストで導入できる顔認証サーマルカメラ連動ゲート「フェイスドア」を11月9日に発売します。

■開発背景

コロナ禍での施設入場・イベント会場に於ける各種入場制限(体表面温度(○○度以上)・マスク未着用者・顔認証未登録者)を自動化しスタッフの負担を大幅に軽減するツールは存在します。しかし現状ではこのツールの商品はまだまだ高額です。当社ではローコストで導入できるツールを提供したいという思いからサーマルカメラ・ゲートのセットでの開発に至りました。

■商品の特徴

フェイスドアR1.0は顔認証サーマルカメラに自動開閉型ゲートを組み合わせた商品で、エントランスなどに設置し、あらかじめ設定した条件をクリアした来訪者のみ自動でゲートが開き入場を許可します。ゲートをオープンせずアラーム警告を発する設定は、体表面温度(○○度以上)・マスク未着用者・顔認証未登録者条件を組み合わせて自由に設定が可能です。

当社開発の「フェイスドアR1.0」では、従来メーカー機の導入費用(ゲートのみ2日間レンタルの場合)385,000円を約1/4となる98,000円まで圧縮することに成功いたしました。これにより、店舗・イベント主催者の負担が軽減されることが大きく期待できます。

■商品概要

商品名 : フェイスドア

発売日 : 2021年11月9日(火曜日)

種類  : R1.0

価格  : 一般小売価格 468,500円(税込 515,350円)

内容  : 顔認証サーマルカメラ・連動ゲート